気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】

病気を正しく理解する

カウンセリング

自覚しにくい病気です

双極性障害は、気分の障害が基本になるという点ではうつ病と同じですが、うつ状態だけではなく、躁状態もあるという点が特徴です。躁状態は、とにかくポジティブで気分が良い状態なので、本人自身が幸せな気分なので、病気という自覚はほとんどありません。いつまでも眠らなくても食べなくても平気で、朝早くから深夜まで、食事の時間も惜しんで動き回ります。頭の回転は早まりますが、話題が点々と飛ぶので要領を得ない場合もあり、コミュニケーション能力が低下するケースも多いです。また、自尊心が過剰に大きくなり、ひどい場合は誇大妄想にまで発展してしまいます。万能感の高まりから傲慢な態度になって、攻撃性が高まることもあり、そうなると周囲は戸惑い、人間関係が破たんしてしまうこともあり得るでしょう。このように、人間関係等で何らかの破たんや逸脱が起きたために受診し、初めて躁状態という診断がおりることがほとんどです。言い換えれば、とりたてて日常生活に支障がない場合には特に問題がないともいえます。躁状態は、一見うつよりも扱いやすいように感じられますが、実は対応に難しさがある病気です。放置すると、患者さんの精神的なダメージはもちろん、社会的、経済的なダメージも大きくなります。ひどい場合は自殺の恐れすらあるような危険な精神疾患であるといえます。回復には、規則正しい生活と医師の処方による薬の服用が重要で、再発を防ぐためには服用を続ける必要があります。また、社会的に孤立することがないような配慮が必要で、家族や周囲からのサポートを受けられることも早期回復の大切なポイントになるでしょう。うつ状態に比べると、躁状態は、周りからもなかなか発見が難しいものです。双極性障害では、躁状態のあとにうつ状態があらわれてきます。その際に、患者さんは躁状態だった時の自分の様子に驚き嫌悪感を抱いてしまうことが多いです。その時が本人の自覚による受診のタイミングになることもあるでしょう。しかし、早期回復のためには、早めに患者さんの状態に周囲が気づいて、深刻な状態になる前に対応してあげることが必要になります。

男性

元気で気分が高揚

鬱病と似ていて異なるのが双極性障害で、気分が落ち込む鬱状態と気持ちが高揚して活動的になる躁状態を繰り返します。そして躁状態がひどくなると借金をしたり、暴力をふるったりすることもあります。そのため症状がひどくなる前に精神科で診察を受けることです。

詳しく見る

医者

自覚しにくい病気です

躁状態は病気であるという自覚を持ちにくいものですが、本人が行きやすく双極性障害に実績のある心療内科を受診すると良いでしょう。そしてこの状態に関しては、いつもと違う様子であるかどうかを家族などの周囲の人達が気をつけることが大切と言えます。

詳しく見る

女性

例え充実感に満ちていても

人気の心療内科は先々まで予約が埋まっている場合があるため、早めの連絡も重要な事前作業となっており、予約は電話で申し込めばOKです。双極性障害は躁状態での金銭問題などに気を付け、治療で症状が治った場合でも、医師の指示通り薬を飲み続けましょう。

詳しく見る

医者

躁うつ病を治そう

躁うつ病の診察費は、健康保険の3割負担世帯なら初診が3千円程度で、再診ならその半分程度であり、検査の実施や薬が出た時などは適宜加算されます。躁状態は精神科や心療内科で治せますが、前者は心の治療を、後者は体の治療を専門にするのが特徴です。

詳しく見る

女性

どんな治療があるのか

躁状態は、鬱状態と類似しているので治療までに発見が遅れることもあるようです。精神科や心療内科などでは、病棟での経過観察も検討したり、適した薬物療法で治療を行ったりしてくれます。一概に、完治までの日数が図れないのも精神病の特徴の1つです。

詳しく見る

人気記事

男性

元気で気分が高揚

鬱病と似ていて異なるのが双極性障害で、気分が落ち込む鬱状態と気持ちが高揚して活動的になる躁状態を繰り返します。そして躁状態がひどくなると借金をしたり、暴力をふるったりすることもあります。そのため症状がひどくなる前に精神科で診察を受けることです。

詳しく見る

医者

自覚しにくい病気です

躁状態は病気であるという自覚を持ちにくいものですが、本人が行きやすく双極性障害に実績のある心療内科を受診すると良いでしょう。そしてこの状態に関しては、いつもと違う様子であるかどうかを家族などの周囲の人達が気をつけることが大切と言えます。

詳しく見る

女性

例え充実感に満ちていても

人気の心療内科は先々まで予約が埋まっている場合があるため、早めの連絡も重要な事前作業となっており、予約は電話で申し込めばOKです。双極性障害は躁状態での金銭問題などに気を付け、治療で症状が治った場合でも、医師の指示通り薬を飲み続けましょう。

詳しく見る

医者

躁うつ病を治そう

躁うつ病の診察費は、健康保険の3割負担世帯なら初診が3千円程度で、再診ならその半分程度であり、検査の実施や薬が出た時などは適宜加算されます。躁状態は精神科や心療内科で治せますが、前者は心の治療を、後者は体の治療を専門にするのが特徴です。

詳しく見る

Copyright© 2018 気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】 All Rights Reserved.