気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】

自覚しにくい病気です

医者

適切な病院を探しましょう

双極性障害では躁状態とうつ状態が両方出てきますが、躁状態の場合には元気で積極的に色々なことをやったりするので、本人が病気だという自覚は起きにくいようです。ただこの状態を放置しておくと、極端な行動によって生活や仕事の面で大きなマイナスを引き起こしたり周りの人の迷惑になったりする可能性が高いと考えられます。ですから、このような場合には早めに病院に行って診察をしてもらうことが必要ですが、その際にはこの病気に適したところを選ぶことが大切です。躁状態の症状を改善するにはストレスのための体の病気を対象とする心療内科が適していますが、その中でも双極性障害に関する実績のあるところを選ぶと良いでしょう。また、この状態ではうつの場合と違って本人が病院へ行く気になることはあまりないため、家族などの周りの人達が連れていくことが多いようです。そのため、本人が嫌がらずに行きやすいようなところを選ぶことが大切で、精神病の治療というより体調を良くする感じのところが行きやすいと言えます。躁状態の場合はその場にそぐわないような行動をとることが多いのですが、これは病気というより性格によるものだと思われやすいようです。ただこれを放置しておくと社会生活がやりにくくなり、退職や家庭崩壊などが起こる可能性があるので、できるだけ早く薬や精神療法などの治療を受けることが大切です。そしてそうなるためには、いつもと違う行動をとるようになったときに家族や職場の人々が、これは躁状態ではないかと考えるとプラスになるはずです。周囲の人達は躁状態や双極性障害の知識を得るようにして、そこに出てくる症状に少しでも似ていると感じた場合は病院に相談したり本人を受診させたりすると良いでしょう。また、この状態は再発しやすいので、一旦治ったとしてもまたそのきざしがあるときは、できるだけ早く病院に連れていくことが必要です。そしてそのようなときには、躁状態に関する知識を本人が持っていると行きやすくなるので、本人の自覚ができやすいように努力してみることも重要です。以上のように、躁状態の場合は周りの人達が常にその人の状態の変化に気を使うようにすることが大切と言えるでしょう。

Copyright© 2018 気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】 All Rights Reserved.