気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】

元気で気分が高揚

男性

わかりにくい

鬱病と似ているようで異なる症状が双極性障害で、鬱が精神的に暗くやる気がない状態が継続するのに対して鬱の次は躁状態になり交互に繰り返す精神的な病気のことをいいます。そして双極性障害でも症状が違う種類があります。一つは躁状態になると激怒したり大きな声で叫びだしたり、暴れたりするようなトラブルを起こす症状のものです。このケースの場合はわかりやすいのですが、もう一つのケースは非常にポジティブで仕事もバリバリやって陽気なため、一見すると病気であるとは見えないのです。躁のときは誇大妄想になったり意味不明なことを口走ったりしますが鬱状態になると気分がどんよりと落ち込み、話しかけても返事しなかったり何もやる気が起きなかったりというような状態になり生活の支障が出てきます。双極性障害が自然に治ることはないので病院で治療する必要がありますが、躁のときは本人が病気という自覚がないので、自分からなかなか病院へ行こうとはしないのです。そのため家族や周囲の人がなだめて治療を受けさせるか、それでだめなら鬱のときに受診させることです。そして双極性障害の治療は主に薬物の投与によって行っていきます。活発で明るくやる気があり自信満々の状態は決して悪いことではないのですが、問題はそれが双極性障害の躁状態であるということです。ただ積極的で明るい状態が続くのならいいのですが、そこから社会の規範から逸脱するような行動が起きてくるので、放置するわけにはいかないのです。双極性障害にかかり躁状態になるとギャンブルにのめりこみ借金を重ねたり、性的に放縦な行動を起こしたりします。そうなれば社会人としてもやっていけなくなります。また症状が軽い場合でも根拠のない自信をもって、人を見下したり何かと言い争いを繰り返したりするようであれば、職場でも無用な摩擦を起こしてしまうのです。感情のコントロールが効かなくなるので、そのうち大きなトラブルに発展していきます。そのため早期のうちに精神科で診断を受けることです。無理をして仕事に打ち込んだり、自分を責めたりするようなことはやめることです。自分だけで解決しようとせず家族や同僚、そして医師の助けを借りることです。生活に支障があるようなら、すぐにでも診断を受けるようにします。

Copyright© 2018 気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】 All Rights Reserved.