気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】

躁うつ病を治そう

医者

治療費や治療先の種別

血液検査なども受ける場合は別途料金が加算されますが、精神科で躁状態を伴う躁うつ病を治療する場合は、初診時に3千円程度必要です。この料金は健康保険の3割負担世帯の額面となっており、再診ならその半分ぐらいが目安になります。また、気分安定薬などの飲み薬が処方された時は、調剤薬局で支払う薬代も必要ですが、その費用は処方量や医薬品の種類によって様々です。薬の量が少なければ千円以下でも済みますし、分量が多かったり高価な新薬が処方されたりする場合は、5千円前後という場合もあります。1回だけなら黙認できる額面でも、躁状態の治療は基本的に長期間通院するケースが多く、ともすれば家計を圧迫するかもしれません。そんな時は自立支援医療の手続きを行うのが良く、審査に通過すれば治療費が1割負担で済むようになります。さらに一か月間の自己負担分も上限が決まっているため、それ以上の治療費が掛かっても、超過分は公費で清算してくれるので安心です。外来の治療費を大幅に下げられる制度ですから、躁うつ病を治療する時は有効に活用しましょう。躁うつ病の専門外来は精神科と心療内科ですので、躁状態を治すなら何れかの医療機関に通いましょう。ただし、可能であれば症状が体と心のどちらに出ているのかによって、受診先を選り分けるのが理想的です。精神科は心の症状を治療するのが専門であり、心療内科は体に現れた症状を治すことを専門にしています。つまり、身体的な自覚症状がありながら、普通の内科の治療では治らないなど、メンタルが原因の身体症状を治してくれるのが心療内科です。そして、メンタルクリニックなら双方の科目に対応する場合が多いため、躁状態の治療でも有力な通院先になります。メンタルクリニックはクリニックという名称ですから、分類上は診療所になり、病院とは違います。一般的に、病院も診療所も同義語として使われることは多いのですが、実際には両者は別物となっており、入院設備の数で区別されるのです。20床以上の入院ベッドを完備していれば病院に該当し、ベッド数が0床から19床の医療機関だと診療所に分類されます。

Copyright© 2018 気分がハイになるのが躁状態【対応に難しさがある病気】 All Rights Reserved.